人間科学センター長

   才津 芳昭

センター長挨拶


 医療職を目指す人にとって、医療に関する専門知識の修得が何より重要であることは言うまでもありません。しかし、医療はあくまで人間の社会的行為であり、その最終目的が人間や社会に対する何らかの貢献であるならば、人間や社会に関する幅広い知見なくしては成立しえません。本学は、小規模の医療系大学としては異例と言えるほど、そうした知見を学ぶための科目・スタッフが充実しております。みなさんが、この本学の環境を大いに活用し、人間や社会に対する豊かな感受性と想像性に満ちた医療人になられることを、心から期待しております。



Prof. Saitsu